BHの用語集

 



 

スピリトゥスとプネウマ

 

 

日本語で「精気」や「気息」としばしば訳される語「プネウマ」 pneuma (ギリシア語)は、もともと「息吹」を意味しています。古代のギリシア医学の分野でプネウマという概念はさかんにもちいられ、はやくから医学用語としての地位を確立しています。熱くて湿っている気体状の存在であるというのが、その特徴です。アリストテレスの『気象論』で大活躍する気象現象をつかさどる「蒸発気」 exhalatio という概念は、プネウマと非常にちかい意味をもっているともいわれています。したがって、宇宙論や気象論的な文脈でも自然界における「息吹き」は想定されてたわけです。さらに、プネウマはラテン語では一般に「スピリトゥス」 spiritus と訳されました。そこから 「スピリット」 spirit (英語)や「エスプリ」 esprit (フランス語)、「スピリト」 spirito (イタリア語)が派生しています。キリスト教の「三位一体」理論における「父と子と聖霊の名において」の「聖霊」 Sanctus Spiritus もここから来ています。現存する最古のギリシア語の聖書でも、聖霊は pneuma で表記されていると思います。一方、ドイツ語では「ガイスト」 Geist がそれに対応する語になりますが、ドイツ人は spiritus よりも妖精やデーモンなどもふくむより広い意味で使っているようです。アラビア語から連金術文献がラテン語に翻訳された12世紀に、活性の塩類物質をさした語を spiritus で置き換えたことからラテン中世錬金術でも spiritus はさかんに登場することになります。ただし、錬金術における spiritus は徹底的にマテリアルな存在です。英語で蒸留酒が「スピリット」とよばれるのは、蒸留アルコールが中世錬金術の文脈でもともとは活性の塩類をさした spiritus と混同されたからです。生理学の分野では、「気分がハイになる」や「ローになる」という表現が現代人に親しまれていますが、それは「霊魂」 anima の「道具」となって生理現象をつかさどると考えられた体内のスピリトゥスが上昇したり、下降する状態をさしています。以下の文献は基本編です。
 

 

総合論集
M. Fattori et M.L. Bianchi (eds.), Spiritus: IVo Colloquio internazionale del Lessico intelletuale Europeo, Roma, Ateneo, 1984.
 それぞれのジャンルで重要な論文(Debus, Walker, Rees 等)が入っていて、お特用の論集です。いまは Olschki 書店で買えます。タイトルはイタリア語ですが、国際論集なので収録論文は、英・仏・伊語となっております。
 
 
  
古代 (ストアから聖アウグスティヌスまで)
G. Verbeke, L’evolution de la doctrine du Pneuma du stoicisme a s. Augustin, Louvain, 1945.
 古代は今だにこれを超えるものは出ていません。僕の博士論文は、この人へのオマージュです。 
 
   
Maria di Pasquale Barbanti, Ochema-Pneuma e phantasia nel neoplatonismo : Aspetti psicologici e prospettive religiose, Catania, Cuecm, 1998.
新プラトン主義におけるオケーマ・プネウマとファンタジア:霊魂論的諸相と宗教的射程

 

Marielene Putscher, Pneuma, Spiritus, Geist: Vorstellungen vom Lebensantrieb in ihren geschichtlichen Wandlungen, Wiesbaden, Steiner, 1974.
『プネウマ、スピリトゥス、ガイスト 生命衝動の表象の歴史的変容』。本書は、見つけるのに結構苦労しました。古代からルネサンスまで扱ったものです。資料編となっている文献表がドイツらしい。
  

   
アリストテレス
A. L. Peck, “The Connate Pneuma: An Essential Factor in Aristotle's Solutions to the Problems of Reproduction and Sensation”, in E.A. Underwood (ed.), Science, Medicine and History, London, 1953, v. 1, pp. 111-121.
 
G. Freudenthal, Aristotle's Theory of Material Substance: Heat and Pneuma, Form and Soul, Oxford, Clarendon, 1995.
これは、「10年に一冊の重」があります。これは、本当にすごい本。

 

ガレノス
O. Temkin, “On Galen's Pneumatology,Gesnerus, 8 (1951), pp. 180-189.
 
  
 
古代とキリスト教
H. Crouzel, “Geist (Heiliger Geist),” in T. Klauser (ed.), Reallexikon für Antike und Christentum, Stuttgart, 1976, v. 9, cols. 490-545.
 

 

中世アラビア

Charles Burnett, "The Chapter on the Spirits in the Pantegni of Constantine the African", in Charles Burnett & Danielle Jacquart (eds.), Constantine the African and 'Ali ibn al-'Abbas al-Magusi : The Pantegni and Related Texts, Leiden, Brill, 1994, pp. 99-120.

 


中世ラテン医学
J.J. Bono, “Medical Spirits and the Medieval Language of Life,” Traditio, 40 (1984), pp. 91-130.
 この人の博士論文(Harvard, 1981年)は、なぜかUMI 経由では買えません。本論分は、その1章を凝縮したものです。中世医学の文脈におけるスピリトゥス関係の文献は少ないので押さえておかなければなりません。
  
  
フィチーノとルネサンスの新プラトン主義
D.P. Walker, Spiritual and Demonic Magic from Ficino to Campanella, London, Warburg, 1958.
 
D.P. Walker, “The Astral Body in Renaissance Medicine,Journal of the Warburg and Courtland Institutes, 21 (1958), pp.119-133. (repr. in Walker, 1985)
 
 
D.P. Walker, “Medical Spirits in Philosophy and Theology from Ficino to Newton,” in Arts du spectacle et histoire des idées
: Recueil offert en hommage à Jean Jacquot, Tours, Centre d’Etudes Superieures de la Renaissance, 1984. pp. 287-300. (repr. in Walker, 1985)
 
 
D.P. Walker, Music, Spirit and Language in the Renaissance, London, Variorum, 1985.
スピリトゥスものは4本ほど採録されてます。
 
 
D.P. Walker, “Medical Spirits and God and the Soul,” in M. Fattori & M. Bianchi (eds.), Spiritus, Florence, 1984, pp. 223-244.
 
 
D.P. Walker, Il concetto di spirito o anima in Henry More e Ralph Cudworth, Napoli, Bibliopolis, 1986.
 

日本のケンブリッジ・プラトン主義の研究者たちが絶対に読まない宝石のような名著。
 
S. Matton, “Marsile Ficin et l’alchimie, sa position, son influence,” in J.-C. Margolin & S. Matton (eds.), Alchimie et Philosophie, Paris, Vrin, 1993, pp. 123-192.
フィチーノと錬金術ですので、2つのカテゴリーに入れておきます。 
 
 
  
錬金術・化学

S. Matton, “Marsile Ficin et l’alchimie, sa position, son influence,” in J.-C. Margolin & S. Matton (eds.), Alchimie et Philosophie, Paris, Vrin, 1993, pp.123-192.
 
 
A.G. Debus, “Chemistry and the Quest for a Material Spirit of Life in the Seventeenth Century,” in Fattori & Bianchi (eds.), Spiritus, Florence, 1984, pp. 245-263.
キミアの文脈ならまずこれ。
 
N.E. Emerton, The Scientific Reinterpretation of Form, New York, Cornel UP, 1984, pp.179-193.
これは、「10年に一冊の重み」があります。僕にとっては、第7章「スピリトゥスと種子:化学的な形相の再解釈」から全ては始まりました。
  
A. Clericuzio, “Spiritus Vitalis: studio sulle teorie fisiologiche da Fernel a Boyle,” Nouvelles de la Republique des lettres, 18-2 (1988), pp. 33- 84.
 これとの出会いは大きかったな。フェルネルからボイルまで。 
  
A. Clericuzio, “The Internal Laboratory: The Chemical Reinterpretation of Medical Spirits in England (1650-1680)”, in P. Rattansi & A. Clericuzio (eds.), Alchemy and Chemistry in the 16th and 17th Centuries, Dordrecht, Kluwer, 1994, pp. 51-83.
 上によりもこれに先に出会ったのですね。1650からと謳ってますが、16世紀からです。
  
H. Hirai, Le concept de semence dans les th
éories de la matière à la Renaissance: de Marsile Ficin à Pierre Gassendi, Turnhout, Brepols, 2005.
種子の理論とスピリトゥスは切っても切れません。
 
 
フェルネル
D.P. Walker, “The Astral Body in Renaissance Medicine”, Journal of the Warburg and Courtland Institutes, 21 (1958), pp. 119-133. (repr. in Walker, 1985)
 
 
M.L. Bianchi, “Occulto e manifesto nella medicina del rinascimento: Jean Fernel e Pietro Severino,” Atti e memorie dell’accademia Toscana di scienze e lettere, La Colombaria, 47 nuova serie 33 (1982), pp. 183-248.
 上記の論集 Fattori Bianchi, Spiritus 1984 の編者です。なぜ、Lessico の第4回のテーマに Spiritus を選んだかが分かると思います。彼の趣味ですね、単純に。 
 
A. Clericuzio, “Spiritus Vitalis: studio sulle teorie fisiologiche da Fernel a Boyle,” Nouvelles de la Republique des lettres, 18-2 (1988), pp. 33-84.
この論文は、上記で説明しましたが、フェルネルから始まります。
  
J.J. Bono, “Reform and the Languages of Renaissance Theoretical Medicine: Harvey versus Fernel,” Journal of the History of Biology, 23 (1990), pp. 341-387.
 
H. Hirai, Le concept de semence dans les théories de la matière à la Renaissance: de Marsile Ficin à Pierre Gassendi, Turnhout, Brepols, 2005.
この中には、フェルネルの章があります。「スピリトゥス全開」です。 
  
月沢美代子、「W.ハーヴィの精気と「問題」(I)−“Sanguis et spiritus una res” を切り口として−I. フェルネルの超越的精気に対して」、『科学史研究』 36 1997年、229238頁。
この論文に対してコメントしてくれと月沢さんに頼まれて、下北沢のミスドで延々3時間ぐらいコメントをしたのがきっかけで「プレモダン科学研究会」は発足したのです。いやはや懐かしい。
 
 
フランシス・ベーコン
D.P. Walker, “Francis Bacon and Spiritus,” in A.G. Debus (ed.), Science, Medicine and Society in the Renaissance, New York, 1972, vol. 2, pp. 121-130. (repr. in Walker, 1985)

 

G. Rees, “Francis Bacon and Spiritus Vitalis,” in Fattori & Bianchi (eds.), Spiritus, Florence, 1984, pp. 265-281.


 


語彙と文献