怪物、奇形、そして驚異




 

 ここでは怪物や奇形についての基本文献を集めたいと思います。中世・初期近代の文脈では、書題に使われている「怪物」と「奇形」を厳密に分けるのは難しいので、どっちもどっちと理解してください。

 

 

 

日本語で何が読めるのか?

 

菊地原洋平「西欧中世における架空種族論の集大成:ハルトマン・シェーデル、『年代記』(1493)の考察」『生物学史研究』第76号(2006年)、17-39

 

伊藤進 怪物のルネサンス (河出書房新社、1998年)

 

菊地原洋平 「ルネサンスにおける架空種族と怪物:ハルトマン・シェーデルの『年代記』から」 知のミクロコスモス』(中央公論新社、2014年)、150-191

 

 

 

 

基本文献

 

18世紀フランス思想における生命の科学:デカルトから百科全書派までの動物発生論

Jacques Roger, Les sciences de la vie dans la pensée française du XVIIIe siècle: la génération des animaux de Descartes à l’Encyclopédie (Paris, 1963).

すべての基本は、やはりここから、英訳あり。

 

自然と驚異:16世紀における不可思議

Jean Céard, La nature et les prodiges: l’insolite au XVIe siècle (Genève: Droz, 1977).

不朽の名作。

 

秩序と怪物:18世紀における解剖学的な異変の起源についての論争

Patrick Tort, L’ordre et les monstres : le débat sur l’origine des déviations anatomiques au XVIIIe siècle (Paris: Syllepse, 1980).

18世紀の発生論の話では良く言及されます。

 

中世芸術と思想における怪物的な種族

John Block Friedman, The Monstrous Races in Medieval Art and Thought (Cambridge MA: Harvard UP, 1981).

菊地原君のテーマに一番近いのでは?

 

寓話的誕生から奇形の形態発生まで

Jean-Louis Fischer, De la genèse fabuleuse à la morphogenèse des monstres (Paris: Société française d’histoire des sciences, 1986).

今度のパリ会議の主催者です。

 

怪物:身体とその欠陥の歴史

Jean-Louis Fischer, Monstres: histoire du corps et de ses défauts (Paris: Alternatives, 1991). 

今度のパリ会議の主催者です。

 

徴と怪物:中世から啓蒙の世紀までの奇形の誕生

Dudley Wilson, Signs and Portents: Monstrous Birth from the Middle Ages to the Enlightenment (London: Routledge, 1993).

 

怪物的な想像

Marie-Hélène Huet, Monstrous Imagination (Cambridge MA: Harvard UP, 1993).

 

欠陥のある身体:奇形性の歴史の研究

M. Hagner (ed.), Der falsche Körper: Beiträge zu einer Geschichte der Monstrositäten (Göttingen, 1995).

ドイツからの論集です。

 

怪物を想像する:18世紀英国における自己の誤創造

Dennis Todd, Imagining Monsters: Miscreations of the Self in Eighteenth-Century England (Chicago: Chicago UP, 1995).

ちょっと毛色が違う。文学研究ですね。

 

驚異と自然の秩序 (1150-1750)

Lorraine Daston & Katharine Park, Wonders & The Orders of Nature, 1150-1750 (New York: Zone Books, 1998).

相変わらず。入門編ということで。

 

怪物的な中世

Bettina Bildhauer & Robert Mills (eds.), The Monstrous Middle Ages (Cardiff: Wales UP, 2003).

中世の怪物の象徴性についての論集です。

 

怪物的身体:初期近代ヨーロッパにおける政治的奇形性

Laura L. Knoppers & Joan B. Landes (ed.), Monstrous Bodies: Political Monstrosities in Early Modern Europe (Ithaca: Cornell UP, 2004).

一種のボディ・ポリティーク論。

 

虫、デーモン、処女:驚異的発生の中世理論

Maaike Van Der Lugt, Le ver, le démon et la vierge: les théories médiévales de la génération extraordinaire (Paris: Les Belles Lettres, 2004).

これは、中世文化研究者に一押しです。

 

エンブレム的怪物:初期近代ヨーロッパにおける不自然な受胎と奇形誕生

A. W. Bates, Emblematic Monsters: Unnatural Conceptions and Deformed Births in Early Modern Europe (Amsterdam: Rodopi, 2005).

 

 

 

 

もどる